新潟の行政書士法人田村環境事務所です。産廃処理業許可申請から産廃処理施設設置の事前協議、建設業許可申請までフルサポート!

    新潟県新潟市西蒲区巻甲10677-24

    受付時間:8:30〜17:15(第2・4土曜、日曜、祝日を除く)   

初回無料相談実施中
お気軽にお問合せください
  お電話お待ちしています! 
             
0256-73-1125

*水銀使用製品産業廃棄物
水銀含有ばいじん等についてのQ&A*
               (29年10月1日改正) 

水銀廃棄物に関するよくあるご質問をご紹介します。

※環境省からも「Q&A」が発表されております。

 →環境省 水銀Q&A」はこちらをクリック!

現在、廃プラスチック類、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず、金属くずの許可を持っていて、廃蛍光管の収集運搬を行っています。
今回の改正で、変更届を提出し許可証を書き換えておかないと、10月1日以降は廃蛍光灯は運搬できなくなるのですか?

引き続き、運搬は可能です。ですが、変更届の提出をお勧めします。

 これまで廃蛍光管の運搬を行ってきた収集運搬業者の方は、当面は変更届の提出により、許可証を書き換えなくとも運搬は、可能です。

 ただし、許可更新の時には、廃プラスチック類、ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず及び金属くずについて、「水銀使用製品産業廃棄物」「含む。」「除く。」かを決めなければなりません。

 更新後の許可証には、新潟県の場合、全ての品目の最後に(以上、水銀使用製品産業廃棄物及び水銀含有ばいじん等を含む。)などと記載されています。(H30.6時点)

 また、許可証が「除く。」となっている場合は、水銀が使用されている廃蛍光管は運搬できませんが、現在は水銀を使用していない蛍光管もたくさん生産されていますので、排出先からのマニフェストをよく確認して、水銀使用製品産業廃棄物ではない廃蛍光管は運搬できます。

 また、10月1日以降、廃蛍光管の運搬を委託しようとする排出事業者から、「水銀使用製品産業廃棄物を含む。」旨が記載された許可証の提示を求められ、慌てて書換えを行う業者様も多く見受けられますので、今回の改正のタイミングで、変更届を提出し、許可証の書き換えをお勧めしております。

現在、汚泥の収集運搬の許可を持っています。
今回の改正で、燃え殻、汚泥、ばいじん、鉱さい、廃酸、廃アルカリについて、「水銀含有ばいじん等」という区分が設けられるようですが、具体的にどのような手続きをすればいいのですか?

水銀含有ばいじん等の排出先は限られていますので、それらの排出事業者様に水銀が含まれる可能性があるのかどうか、または成分分析を行っているかどうか、確認してください。

 現在、燃え殻、汚泥、ばいじん、鉱さい、廃酸、廃アルカリの少なくとも一つの収集運搬の許可を持っていて、実際にそれらを運搬している方は、それらの運搬を委託している排出事業者から水銀含有量についての情報を提供してもらい、水銀含有量が、15mg/kg(廃酸、廃アルカリの場合は15mg/ℓ)を超えていて、今後もそれらを運搬する場合は、変更届により許可証の書き換えをお勧めいたします。

 1つ目の質問でお答えしたように、当面は許可証の書き換えをしなくても運搬は可能ですが、排出事業者から「水銀含有ばいじん等を含む。」旨が記載された許可証の提示を求められることも想定されます。

 ただ、水銀を含有する該当品目の排出先は、とても限られておりますので、水銀含有ばいじんを含む。について、実際に運搬される機会は少ないかと思います。

現在、廃プラスチック類、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず、金属くずの収集運搬許可を持っていて、廃蛍光灯の積替え保管も行っている場合は、どのような手続きが必要ですか?

引き続き、運搬は可能ですが、積替え保管を行う場合は、保管の看板の修正や保管容器を分けるなどの対応が必要です。

 1つ目の質問でお答えしたように、当面は変更手続きを行わなくても、運搬自体は引き続き可能です。

 ただし、積替え保管を行っている場合は、今回の改正により積替え保管場所の掲示板の「産業廃棄物の種類」欄に、水銀使用製品産業廃棄物が含まれる旨の記載が義務付けられるため、例えば「ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず(水銀使用製品産業廃棄物を含む。)」というような記載が必要となります。

 この表示義務は、10月1日から適用されるため、廃蛍光灯の積替え保管を行っている許可業者の方は、できるだけ早く変更届を提出して許可証の書き換えを行い、積替え保管場所の掲示板の「産業廃棄物の種類」欄に、水銀使用製品産業廃棄物が含まれる旨の記載をしておく必要があります。

 最近の新潟県では、担当機関が頻繁にパトロールを行っているため、自社物以外の廃蛍光管を保管されている方は、早めの対応をお勧めいたします。

現在、廃プラスチック類、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず、金属くずの破砕処理の処分業許可を持っていて、廃蛍光灯の破砕処理を行っています。今回の改正で手続きが必要になりますか?

処分については、必要な設備が整っていない場合は、処理できなくなります。

今回の改正により、水銀使用製品産業廃棄物及び水銀含有ばいじん等の処分又は再生に際して、「水銀又はその化合物が大気中に飛散しないような措置」が義務づけられます。そのため、そのような措置をとっていない施設では、廃蛍光管の受入はもちろん、破砕処理は行ってはいけません。ただ、近年は水銀を使用していない蛍光管もございますので、排出事、受入時の確認が重要であると思います。

これまで、解体で出た混合廃棄物として様々な品目を混ぜて破砕していた場合も、今後は、廃蛍光管(水銀使用製品産業廃棄物)の単独処理となります。(運搬の段階で分けることとなりましたので、混ざることはなくなるはずです。)

また、水銀には卒業規定がなく、安定型の埋立はできませんので、破砕後の廃棄物についても成分分析を行い、埋立基準を満たす場合のみ、管理型埋立が可能です。

その為、コスト面で割に合わないということで、蛍光管の受入をやめる業者様も多くいらっしゃいます。

 ① 密閉可能な建屋内の施設で、集塵設備やフィルターなどがついている。

 ② 蛍光管専用の破砕機等である。

上記①、②のような施設の方は引き続き破砕処理が可能であるかと思います。

例えば、処理能力の大きな破砕機で、集じん設備による水銀の大気中への飛散を防止する措置を行っている場合でも、廃蛍光管破砕のためにだけに稼働させるには、かなりのまとまった量の蛍光管がないと、作業効率も悪くなります。

まずは、現在の破砕処理施設がどのようになっているかを確認いただき、今後も廃蛍光灯の破砕が必要かどうかを検討の上、必要となる手続きを進める必要がありますので、廃蛍光灯の処分を行っている方は、個別にご相談ください。

なお、処理基準に適合した施設で今後も廃蛍光灯の破砕を行いたい場合は、排出事業者から「水銀使用製品産業廃棄物を含む。」旨が記載された許可証の提示を求められることも想定されます。

委託契約書やマニフェストの記載も変更しなければならないですか?

覚書があれば、望ましいです。

 本年10月1日時点で締結されている委託契約書については、契約の更新時まではこれまでのままで構いませんが、次の更新時には、「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」が含まれる旨を記載することとされています。

 また、自動更新規程を含む契約書の場合は、覚書等により「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」が含まれる旨を規定することが望ましいとされています。

 マニフェストについては、10月1日以降は、「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」に該当する産業廃棄物については、その旨を記載することが義務付けられます。

今後も水銀使用製品産業廃棄物や水銀含有ばいじん等の収集運搬(又は処分)を行いたいので、この機会に変更届を提出し、許可証の書き換えを行いたいと考えています。田村環境事務所に手続きをお願いする場合、料金はいくらですか?

特別料金により対応させて頂きます!

 当事務所では、更新申請と一緒に御依頼の場合、水銀使用製品等の記載追加について、サービスで行っております。

もちろん、変更届出書の作成・提出のみの御依頼も大歓迎ですが、当事務所に御依頼いただくメリットはたくさんございますので、これを機に行政書士を利用してみませんか?

お問合せはこちら

行政書士法人田村環境事務所は、新潟で一番信頼される行政書士事務所を目指しております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 単なる書類作成だけでなく、許可取得後にも相談にのってもらえる行政書士を探している。
  • 現在頼んでいる行政書士さんは手続きが遅く、業務が停滞している。
  • 相続・遺言に親身に相談にのってもらえる専門家を探している。

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

0256-73-1125

受付時間:8:30~17:15(第2・4土曜、日曜、祝日を除く)

  処理施設設置 受注状況!

* 新潟県内    18施設
* 東北・関東  7施設

     H30.9.1現在

新潟県ホームページに
広告バナー掲載中!

当事務所と「ユキマサ君」のコラボが実現しました!

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0256-73-1125

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

    ユキマサくん

      日本行政書士会連合会
         公式キャラクター

行政書士の仕事をわかりやすくご紹介しております。

事務所紹介

新潟市西蒲区巻甲10677-24

0256-73-1125

 関連事業所紹介

エコアクション21認証支援、生活環境影響調査、騒音・振動調査はこちら

採用から退職までの社会保険手続き、給与計算、就業規則の作成はこちら

 お役立ちリンク

講習会についてはこちら

電子マニフェストについてはこちら

  関連団体

NPO北日本木材資源リサイクル協会

(一社)新潟県産業廃棄物協会

新潟県行政書士会

(一社)新潟県浄化槽整備協会

       LINE始めました!

当事務所へのお問合せや情報のやり取りにご活用ください。お役立ち情報も配信中です。